健康豆知識

京都の整体院【子連れ大歓迎】産後の骨盤矯正‼

子連れで来院

20年以上の臨床経験を誇る産後骨盤矯正のパイオニア。

産後骨盤矯正のエキスパートということで、さまざまな施術を手掛け、経験を積んだ産後骨盤矯正のエキスパートとしさまざまな施術を手掛けてきました。

単に、出産前の状態に戻すということじゃなく、出産前後の医学的な変調を意識して施術する事によって、これまで以上に、健やかなカラダへと近づけ、代謝を促進させシェイプアップに導く独自のテクニックを確立。

そして、赤ちゃんや子ども連れだったとしても、通院しやすいように、配慮した環境を提供して、お母さんが気がかりなくお子様を連れて、施術が受けることができる実態も充実しています。

施術計画・施術日数等も明白なため、お客様より「すごく分かりやすい」といった、声を頂いていて、継続して来院して頂ける患者様がほとんどです。

100%かのような再来院率が特徴になります。

そして産後骨盤とは言え、産後3年に及ぶ施術期間を設けていて、産後の骨盤矯正を受けていないお客様にも適応しているのです。

40歳からの骨盤矯正、一般骨盤矯正、不妊治療(妊活)まで踏み込んだ女性にきめ細かい整体院です。
 

子連れのママさんが来院される方へ

 
当院へ「赤ちゃん」もしくは「子供さん」あるいは「赤ちゃんと子供さん」とご一緒に来院される予定の方は、ネット予約の場合は概要欄「赤ちゃん」「子供さん」の年齢と見て貰える方が必要な場合は予め、記入して頂く事で、「見てもらえる方」を準備させて頂きます。

見てもらう方が必要がない場合は、その旨、概要欄に記入して頂ければ、「赤ちゃん用のお布団等」の用意のみさせて頂きます。

子供さんの場合は、良ければ「DVD(アニメ)」等の用意をさせて頂きますので、もし希望のアニメなどがありましたら、教えて下さい。

特に「ジブリ」は大体、持っていると思いますので、希望がありましたら、お知らせください。

コロナの懸念をされると思われますので、当院はたくさんの人数、お客様が来る態勢を取っていない事と、空気の入れ替えやマスクの着用が厳守していますので、たくさんのスタッフを抱えている「施術院」よりもはるかに「コロナの感染」する確率は圧倒的にないと思いますので、安心して来院して頂けると幸いに思います。

施術ベッド、ドアのノブ等、手に触れるものは徹底的に消毒していますので、安心下さい。

当院の院長である私の特徴としては「神経質」な性格もあるので、この「神経質」というのを良いイメージ捉えて頂ければ併せて幸いです。

一応、私のプロフィールが下記なので、時間があれば、熟読下さい。

整体の施術者
施術者のプロフィールこんにちは! あだち整体院の院長安達です。 当院のホームページへお越し頂きましてありがとうございます。 整体を初めて体験さ...

 

産後の骨盤矯正を過去にしていない人も。。。子供さんと一緒に…

 
そう言えば、産後の骨盤矯正をする事なく、6年~8年経過している方も多い事と思います。

大幅に、産後の骨盤矯正をする時期が遅れてしまった。

あるいは、諦めている方はどうでしょうか?

当院の産後の骨盤矯正は、そのような経過年数の方でも可能な矯正方法を適用しているので、受けてみてはいかがでしょうか?

6年~8年経過しているのであれば、お子様も小学生だと思われますが、当院は小学生とご一緒に来院して頂いても、一向に構いません。

ママさんが施術を受けている間、男の子には男の子が好きなアニメを女の子には女の子が好きなアニメを観てもらって待って頂いたり、もし、誰かに見て頂きたいという事ではあれば、予め言って頂ければ、女性なのですが、見てもらう事ができます。

ネット予約する時に概要欄にその旨を記入して頂ければ、対応させて頂きます。

DVDのアニメ等はもしお好みのアニメなどがございましたら、概要欄に記入して頂ければ、あればになりますが、ご用意させて頂きます。(当院は相当枚数のご用意があります。)

電話予約の場合、その旨を言って頂ければ対応しますので、ネット予約に限らないので、どうぞ、お申しつけ下さい。

ジブリ、ドラゴンボール、クレヨンしんちゃん(映画)、ワンパンマン等他、色々とあるので、お好みのものがあれば、ご用意させて頂きます。

もしお気に入りのDVDをお持ちという事であれば、持参して頂いて、みて頂いても結構です。
 

子連れじゃないと産後の骨盤矯正を受けられない方へ。。

 
産後の骨盤矯正を受けるタイミングは、基本的に、産後、一ヵ月後、帝王切開にて出産の場合は二カ月後だとされています。

ですが、地方から京都へ引っ越ししてきたり、あるいはママさんのお母様が近隣にいない等、色々な諸事情があると思われますが、預ける事ができないという理由で、産後の骨盤矯正を受けられない方が相当数いるようです。

産後の骨盤矯正を受けるには、子連れで来院しないと受ける事ができないわけですが、子連れだと施術院が嫌がるのではないかと思い、産後の骨盤矯正を断念する方が非常に多いとの事です。

当院は、子連れでの来院を大歓迎していますので、どうぞ、お気軽にご来院下さい。

子連れで、来院される場合は、予め、ネット予約でその旨をお伝えください。

赤ちゃんの場合は「お布団」を用意させて頂きますし、お子さんを誰かに見て欲しいという要望がございましたら、言って頂ければ、お子さんを見ていただける女性を一人、用意させて頂きます。

赤ちゃんはよく泣く、しかも大声で力強く泣く等を心配されるあるいは、迷惑をかけるのではと気を使われるママさんもいますが、私、院長安達は大声で泣く赤ちゃんの声等はあまり気になりません。

ママさんの性格によるのですが、赤ちゃんが泣くと気になってしまうママさんと、許容範囲を設定していて、この泣き方は大丈夫などと思い、そのまま施術を受けられるママさんとかなり個人差があるというのが当院での風景です。

そのところも含めて、誰かにみてもらう方が安心というママさんは見ていただける人が居た方がよいと思われるママさんは、予約時に概要欄にその旨をお伝えください。

対応の程させて頂きます。

そこまでして「産後の骨盤矯正」は受けないといけないの?と思われる方もまた、居ると思います。

答えとしては「そこまでして受けないといけない。」と即答します。

産後の歪みというのは相当歪みがあり、骨盤矯正を受けて、結果に結びつくタイミングでもあるからです。

それを見逃してしまえば、産後の骨盤の歪みがそのままになり、復元する事ができる事なく、慢性的腰痛に陥ってしまう事になる可能性が高いからです。

慢性的腰痛が続けば、「座骨神経痛」「ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「ぎっくり腰」等になってしまう可能性も高くなります。

基礎代謝が低下して、太ってしまった身体がもっと太ってしまう事になり、「腰痛」も「プロポーション」もひどくなっていく事になります。

産後の骨盤矯正は一カ月後、あるいは二カ月後、行う事で凄く、スムーズに矯正しやすいタイミングでもあります。

そのスムーズに矯正しやすいタイミングというのは、裏を返すと、歪みやすいタイミングでもあり、もっと、もっと歪みが酷くなるという事でもあります。

産後の骨盤矯正をする事で「善」とするか、放っておく事で「悪」となるか、上と下がかなりの落差があるという事なのです。

という事も含めてもう一度、言いますが、「そこまでして受けないといけないのが産後の骨盤矯正」となります。

もし「受けてみよう」と思われ方は下記から、ネット予約、あるいは電話予約の情報を提供させて頂きますので、是非、活用下さい。