健康豆知識

京都 整体 肩こり おすすめで探すなら。

肩こり

私たちは、直立二足歩行で手が意のままに使えることからもわかるように、進化の代償としまして、肩や首に関しては、重たい頭を支えないといけなくなったのです。

この他には、肩は両方の手の動きを機能させるという大きな役割についても、担う事になったのです。

当然のことながら、は体の中でも、凝りやすい箇所となってしまうので、肩こりの悩みを抱く人が多いのも分かります。

首こり(ストレートネック)あるいは腰痛等、女性の体の痛みを緩和するアドバイスをあれこれと紹介しようと思うのですが、最もたくさんの女性が悩んでいるというのが肩こりなのではないでしょうか。
 

肩こりによくある症状と原因

肩こりというのは、一般的に言うと、首から肩甲骨周辺に掛けて出る重たく、にぶい痛みがかった症状をいうのです。

肩こりは凝った感じの症状があるのみで、正規の病名じゃないのです。

どうして、肩こりの症状が出るのかと言うと、原因はいろいろあるのです。

頭の重さと二本の腕を支えていることから、あたりまえのように生活しているだけであっても、負担が加わりやすい箇所になります。

その上、日本人に関しては、西洋人とは異なり、頭が大きいにもかかわらず、肩や首の筋肉はか細いことから、肩こりが起こりやすいと言われています。

リアルに、厚生労働省の「国民生活基礎調査(平成28年)」においては、女性が感じられる自覚症状の第一位が肩こりで、男性においても第2位にランクアップしています。

肩こりというのは、日本人の国民病みたいなものでしょう。

肩こりの症状ですが、首すじや首の付け根から、肩、また状況によっては、背中に掛けて張ったかのような不快感があるのです。

まさにそれが結局のところ「肩が凝った」状態で、場合によっては、痛があったり、頭痛や吐き気についても起こることだってあります。

吐き気さえ起こす事は、稀かもしれないのですが、現実にデスクワークをしていた人が、「頭痛と同時に、吐き気がしてきた」「パソコンを見て仕事をしていたら、次第に具合が悪くなって、トイレあるいは、休憩室で動けなくなった」と言うのは、めずらしい話しじゃないのです。

特に、肩こりに起因する頭痛に悩む人は多く、頭痛においては、片頭痛群発頭痛等、色々な種類があるのですが、肩や首の緊張、結局のところ凝りがきっかけとなる頭痛(緊張型頭痛とよばれます)全体の7割を占めているのです。

肩こりについては、肩の色々な筋肉が関係するのですが、特に影響が大きいというのが、首の後ろから肩、背中にまで広がっている「僧帽筋」とされる大きな筋肉と、首の骨と肩甲骨を結びつける「肩甲挙筋」だと言われています。

僧帽筋というのは、重い頭を一定の角度に保持したり、肩甲骨を動かしたりという重要な役割を持っています。

また、肩甲挙筋も肩甲骨を上げるのには、必要不可欠な筋肉になります。

こういった類の筋肉は、肩だけに限らず、背中全般に掛けて、広い範囲の肩こりや痛みに等の症状に影響を及ぼします。

いったん筋肉が緊張状態になって、固くなったら、血流が滞り、血行不良になってしまうのです。

そうなってしまうと、筋肉の老廃物が蓄積されて血管がより一層圧迫されることになります。

それが、いずれ、痛みや凝りを更に悪化させるという、悪循環となってしまう事になります。

それらの他にも、歳を重ねて、筋力が低下する事も、肩こりの悪化に直結しますし、仕事の内容、日頃の姿勢、目の疲れ、ストレスの影響でも、生じることが起こります。

すなわち、肩こりの原因というのは、広範囲に亘るのです。

しかも、肩こりというのは、筋肉や関節などのみが原因だけとは、言い切れません。

それ以外に、骨や神経等の器官の病気が原因で起こることもあり得ます。

下記に示すような症状が起こる場合は、病気が疑われることから、放置しないで、躊躇せずに病院を受診することをおススメします。

自覚症状 病気の可能性
階段をのぼる時など、運動をした際に肩が痛むが、痛みの続く時間については短い。 心臓の病気の可能性が高いです。
肩こりのみならず、手のしびれや麻痺も生じる。 首や肩の神経あるいは血管が圧迫されているかもしれません。
首や肩を動かしていない時もすごく痛む。 骨や内臓の病気かも知れません。
症状がじわじわとひどくなる。 進行性の病気かも知れません。

 

ストレスと肩こりの関係

 
肩こりになってしまう、はっきりとした病気がない時には、これまでの生活において、身体的なストレスもしくは、精神的なストレスが影響しているのではないでしょうか。

身体的なストレスだとすれば、デスクワークにおいて、かなりの時間に亘り、同じ姿勢を取ってしまう事や、パソコンにおいての作業等による目の疲れが、最たる肩こりの要因として考えられます。

何と言っても、パソコンスマートフォン、タブレット等を使う時には、首を前に突き出して、両肩を前にすぼめるというふうな姿勢になってしまうと考えられます。

こういう姿勢をかなりの時間継続すると、首から肩に掛けての筋肉がガッチガチになって、血流も滞留して肩こりになってしまいます。

パソコンのディスプレイ等を見続けると、その周辺の筋肉が緊張状態になって、首から肩に掛けての筋肉も緊張を強いられるのです。

しかも、常時、光源を見つめ続けることにより、まばたきの回数が減少することから、目が乾き、疲れ目になります。

疲れ目というのは、肩こりになってしまう主だった原因の一つになります。

さらに、オフィス等の環境もすごく重要になります。

具体的に言うと、体の冷えにより、血行が悪くなることから、夏だとしても、オフィスの冷房等で、絶えず肩が冷やされるというような環境については、肩こりが引き起こされる事もありますのでご注意下さい。

この他には、椅子の高さであったり、ディスプレイの位置があなた自身の体に合っていない事も、首や肩への負担となって肩こりになってしまいます。

身体的なストレスだけじゃなく、精神的なストレス肩こりに影響をもたらす事が知られているのです。

これは、ストレスを感じることで、筋肉を緊張させてしまう自律神経の交感神経の働きが促進され、筋肉が緊張してしまうので、血行が悪くなり、肩こりになってしまうと考えられる。
 

肩こりになる人とならない人。

 
ここまで、説明してきたように、肩こりというのは、同じ姿勢を持続するケース眼精疲労精神的なストレスで起きる症状になります。

肩こりになる人に共通している事は、常日頃から肩こりになりやすい生活習慣があるということになります。

その一方で、肩こりになりにくい人というのは、肩こりになりにくい身体を持っています。

だとすれば、肩が凝りやすい人というのは、どうすれば良いのでしょうか。

そのカギを握るのは、日々の生活習慣になります。

生活の中において、影を潛めている肩こりの原因を明確化して、肩こりが起きにくい習慣を改めて身につけることが必須です。
 

肩こりをどうにかしたい方へ!

 
同じ姿勢、眼精疲労、精神的なストレス、運動不足4つについては、典型的な肩こりの原因と考えられています。

以下に、各々の原因ごとの対策を紹介したいと思いますので、生活習慣改善の基本として下さい。
 

同じ姿勢でいる事が原因の場合

 
デスクワーク等で、かなりの時間、同じ姿勢でいるとしたら、まめに首や肩を動かしつつ、緊張状態を解すように意識してください。

肩だけではなく、首を回す、軽いストレッチ等をするといいでしょう。

この他には、デスクワークを行なっていると、だけに限らず、全身の血行が悪くなってしまいますので、1時間に1度くらいは立ち上がり、手足を伸ばす、軽く屈伸したりの運動をする事も重要です。

そして、姿勢の悪さも、肩こりに影響を及ぼします。

猫背でいることで、頭を支えないといけない肩や背中に負担が掛かりますし、筋肉が緊張することにより、血行不良になってしまいます。

肩こりを抑制するうえでも、意識的に正しい姿勢をとることが重要です。

立つ姿勢を続ける際は、顎を軽く引き、ヘソのあたりを意識して、お腹をへこませると共に肛門を引き締めて、背中がスッーと伸びるよう意識をして立ちましょう。

耳と肩、くるぶしが同一直線状に位置するのが、最適な立ち方となるので、一度、鏡で見てチェックしてみればいいでしょう。

腰掛ける時も、立つ時と同じように、顎を軽く引いて姿勢を正すことが大事です。

お尻が椅子の背もたれに当たることを意識して、深く座って、背中は背もたれに当てずに、ちょっとそらす感覚で伸ばすといいでしょう。

そして、椅子や机の高さが合わないことにより、姿勢が悪くなっていることもあることから、足の裏が、きちんとつくような高さに椅子は調節して、状況に応じて、足置き等も使えばいいでしょう。
 

眼の疲れが原因の場合

 
夜はシャワーだけではなく、きちんと湯船に浸かる事も、肩こりを予防・改善するために効果があります。

できることなら、熱いお湯にパッと浸かり出るだけじゃなく、38~40度ほどの温度で、10分以上時間を掛けて浸かると効果があります。

凝り固まっているところには、40~42度の熱いお湯と17~20度の水を、2,3分毎に交互に掛けることも良い方法になります。

最終的には、熱いシャワーで締めるような感じで、湯冷めしないように意識しましょう。

ですが、心臓が悪い人高齢の人については、事故に直結することが考えられますので、高温と低温を交互に掛ける方法というのは、おやめ下さい。

このように、入浴方法を改善することで、筋肉の緊張によって滞った血行を良くする効果が期待できます。
 
 
仕事でパソコンを使用する人のほとんどが、目の疲れであったり痛みとされる症状を感じてます。

疲れ目というのは、肩こりに結びつきますので、上手に付き合っていくことが求められます。

基本的に、パソコン作業で目が疲れる理由は、近い位置にピントを合わせすぎるために引き起こされる、目の筋肉の緊張になります。

そういう理由から、目に蒸しタオル等をのせて、温めると血の巡りが円滑になり、疲れ目に効果があるはずです。

小まめに目薬をさし、1,2分くらい、目をつむって、休ませる事も効果があります。

ここ最近は、目の疲れに効果がある目薬がバラエティーに販売されていますので、活用すると良いかもしれません。

ですが、用量用法をきちんと確かめて、さしすぎには注意して下さい。

何と言っても、疲れ目の有効成分が含まれた目薬というのは、1日の点眼上限回数を抑えた傾向が高いことから、ちょっとでも多くさしたい時は、上限回数がそこそこ多い自然の涙に近い性質をもち合わせた人工涙液の目薬が良いのではないでしょうか。

人工涙液というのは、疲れ目のみならず、目にゴミが入ってごろごろする際や、花粉が飛び交う時期、冷暖房を使う事による空気の乾燥が気に掛かる場所なんかでも活躍するのです。

人工涙液については、防腐剤が含まれていないものがほとんどなので、開封したら、規定の期間内に使い切ることに注意しましょう。

さすがに、ひどく目に疲れを感じる時や目の乾きが気に掛かる時は、眼科で診察をして貰い、症状に最適な目薬を処方してもらう事もポイントです。
 
 
それから、パソコンを使っての環境が目にいき過ぎた負担を掛けている事もあります。

ディスプレイであったり、周りの照明が明るすぎると目が疲れますので、ディスプレイの輝度や照明、直射日光の入り方等を調整してください。

何にもまして、室内の照明については、明るい程、ディスプレイや書類が見えやすくなってしまうため、目に優しいと勘違いされがちなのですが、ディスプレイと比べてちょっと明るい程度の方が目に関しての負担が小さくなります。

日光の紫外線も、同じ理由でタブーです。

ディスプレイ本体の明るさも疲れ目のきっかけとなりますので、自動の輝度調整等がある場合は活用するといいでしょう。

それから、ディスプレイ顔を近づけてのぞき込むという姿勢が習慣となっている方もいますが、それについても肩こりの原因になります。

背筋をきちんと伸ばして、ディスプレイは目線よりちょっとばかり下になるかのように設置して、50cmくらい目を離して作業するといいでしょう。
 

精神的なストレスが原因の場合

 
ストレスが原因になる肩こりについては、ストレスを溜めないように努める事が最も良い対策になります。

ですが、仕事等、色々な経緯で、ストレスの根本原因を絶つ事は難しいケースも多いかもしれません。

そんな場合には、適度に運動する事が良いのではないでしょうか。

軽い運動というのはストレス解消になりますし、血流改善の効果もあります。

そうでなくても疲労しているのに運動なんて…と考えるかもしれないのですが、運動を続ける過程で目標が見つかったり、新しい靴やトレーニング着を選んでみたりと、今までになかった楽しみがたくさんできて生活にハリがプラスされて、ストレスの解消に結び付くでしょう。
 

運動不足が原因の場合

 
肩こり筋肉というのは、切っても切り離せない関係にあることから、バランスのとれた筋力を保つ事が肩こりを予防するにはかなり効果があります。

実際のところ、首や肩の筋肉が少ない人については、肩こりになりやすいようです。

要するに、バランスのとれた筋肉をつける事が、肩こりになりにくい体をつくることに繋がります。

この他には、運動そのものが血の循環をよくするため、肩こりの解消にはすごく効果を発揮します。

肩こりの予防・改善の為運動であれば、筋肉に強い負荷を与えることはありません。

デスクワークのさなかに軽いストレッチをして、筋肉を解すように努めるだけであっても、血行が良くなることから、十分に肩こりについての効果が見られます。

余裕があるならば、散歩であったり、ウォーキングラジオ体操等、体に対しての負担がなく、全身の筋肉を良いバランスで使う運動を、自分のペースで継続することが大事です。

そのように、肩こりが起こる4大原因その対処法につきまして、見てきたのですが、現実問題として、どれか一つが原因ということではなく、こういう要素が係わりを持って肩こりを生じさせている事がほとんどを占めます。

従って、肩こりになりにくい体づくりにおいては、生活全体を再確認することで、原因である習慣を改善することが必要です。
 
 
 
パソコンを使う仕事であったり、スマートフォンの操作等、同じ姿勢をかなりの時間取ってしまうことが多い現代人からすれば、肩こりは悩みのタネです。

肩こりを引き起こす原因は、千差万別ですが、筋肉が硬直して血行が悪くなるという共通する原因があるのです。

筋肉の緊張を解すことに必要なストレッチという、程良い運動に配慮して、肩こりになりにくい体をつくることが重要です。
 

当院の肩こり対策の整体法は!?

 
肩こりになる大きな原因は、骨盤の歪みによって作られる猫背姿勢です。

猫背姿勢になることで、僧帽筋の筋肉が緊張状態となり、基本的な姿勢が背骨が丸まった状態で一日を過ごす事になります。

その猫背姿勢でデスクワークをしてしまうと、さらに猫背姿勢が深刻化してしまい、肩こりの症状がひどくなります。

「猫背姿勢」を正しい姿勢に戻すためには、「骨盤矯正」することが必要です。

当院へ初めて、来院された場合、現状の体の状況などをお伺いさせてもらいます。

いわいる、「カウンセリング」いうやつです。

質問事項も難しい、医療専門用語を使う事なく、分かりやすい質問なので、どうぞ、ご安心下さい。

それから、歪みの検査をさせてもらい、どのような歪みがあるかを説明させて貰います。

その歪みと肩こりがどのように関係しているかも、説明します。

全身の筋肉を弛めるために、当院は東洋系整体ですので、俗にいう「ツボ療法」が主な施術法となっています。

全身のツボ708くらいのツボを刺激させて頂き、ツボ療法を中心に、緊張している筋肉を解すのには別にテクニックを使わさせて頂きます。

施術自体は痛みの伴うものではありませんことから、このポイントも安心下さい。

ツボ療法、緊張した筋肉を解すのを完了した後、矯正に入っていきます。

矯正は「手技療法+整体矯正器具」を使います。

整体矯正器具を使う矯正法を「正体法」といいます。

矯正する方法として、「手技での矯正」「矯正道具を使っての矯正」も共に痛みが伴うものではないので、ここのところも安心下さい。

整体は痛いというイメージがあるのも、お笑い芸人の罰ゲームで、リアクションを狙ったお笑いネタに使われている事がテレビであるかと思うのですが、それ自体が間違いなので、当院としては、お笑いネタには困っています。(汗)

そういうところも含めて、安心してご来院下さい。

予約は「電話」「ネット予約」があるので、是非、ご利用下さい。

ホームページからの「ネット予約」ですと予め、そのネット予約のメールフォームの情報に基づいて、カルテを作成する事ができますので、是非、「ネット予約」を活用下さい。

情報は下記にて案内させて頂きます。

☎(075)394-8180  

予約受付フォーム(初来院者さま専用)