健康豆知識

牛乳は体に悪い!!

牛乳

どういう理由で、牛乳が体に悪いというのか?

牛乳を飲むことによって、どのような病気になってしまうのか?

その事を知ってる人はさほどいないような気がします。

牛乳が体に悪い事を知ってもらうために、牛乳がもたらす可能性が高い病気を紹介したいと思います。

牛乳が体に悪いとする理由を紹介する前に、知ってもらいたいのが、牛乳の歴史に関してです。

かねてから、飲んできた意識があるのですが、驚くことに、これは間違いなのです。

牛乳については、給食のお馴染みメニューということもあって、私たちからすれば、当たり前的な飲み物です。

そういう理由から、ずっと前から飲まれてきた健康飲料かのような理解があると思いますが、現実的には、極めて最近、飲まれ始めてものになります。

日本で、牛乳が飲まれ始めたというのは戦後の事です。

戦後の『日本占領政策』アメリカが持ち込まれたものであって、本来は日本においては牛乳を飲む習慣が全くありませんでした。

牛乳を飲む事を促す場合に出る「かねてから飲まれてきたため体に良いに違いない」というような考えは、誤りなるのです。
 

牛乳が体に悪い理由1:『骨粗しょう症を起こす。』

 
『カルシウムをたっぷりと含むことから骨を強くする』というような強い印象の牛乳だと思いますが、なんと実のところ、正反対なのです。

スーパーで売られている、牛乳というのは、骨に含んでいる、リンを取り除いてしまって、骨をもろくするというのが分かっているのです。

結局のところ、生じるのが骨粗しょう症なのです。

アメリカのハーバード大学が10万人ほどの男女に対してした22年間の調査によると、同大学の研究チームについては、10代で1日にグラス1杯の牛乳を飲むたびに、大腿骨頸部骨折リスクが9%増えるという想像を絶する発表をしているのです。

余談ですが、カルシウムの量からいえば、牛乳なんかよりも含有量が高い食品はいっぱいあります。

同じ量の牛乳と比べて、ヒジキについては、約14倍、わかめについては7倍の量のカルシウムを含んでいるのです。

骨を強くすることを考えて、カルシウム補給するために、牛乳を飲む事は誤りになるのです。

骨を強くしたいなら、牛乳を飲むというより、タンパク質を意識して摂ることをおススメします。
 

牛乳が体に悪い理由2:『乳ガンの原因』

 
牛乳については、乳ガンの要因となる事も分かっているのです。

白血病ウイルス、エストロゲン(女性ホルモン)、それから抗生物質。

牛乳乳ガンというのは、なんだか繋がらないかもしれないのですが、3つの原因物質が含んでいるのです。
 

牛乳が体に悪い理由3:『アレルギー(アトピー・ぜんそく)を起こす。』

 
牛乳に含んでいる、乳タンパクというのは、腸に大きな負担をかける事が分かっているのです。

というのは、人間の免疫を司る中枢器官であるため、腸にダメージをもたらす=免疫機能を狂わせてしまうという事。

このことを通じて、もたらされるのが、アレルギーになります。

アトピーにおいての、湿疹あるいは、肌のかぶれ喘息等のような症状が起こります。
 

牛乳が体に悪い理由4:『心臓病や脳卒中の原因』

 
牛乳については脂肪がいっぱい含んでいます。

脂肪が血液の中に溶けると、悪玉コレステロールに変わって、それこそが血液をドロドロにしてしまいます。

このドロドロした血液が血管に塞がることにより起こってしまうのが、心臓病脳卒中です。

心臓近辺にある血管が詰まってしまうと、心臓病を、脳の近辺の血管が詰まってしまうと、脳卒中が起こります。

心臓病と脳卒中と言えば、全く別の箇所(臓器)からなる病気です。

パッと見、関係ないみたいに思えますが、実のところ原因は、同じ血管が塞がっているのです。
 

牛乳が体に悪い理由5:『虫歯の原因』

 
牛乳骨粗しょう症をもたらす原因になり得るメカニズムというのは、一番最初に、紹介させてもらったのですが、このことは、骨だけに限らず、歯にも関わってくるのです。

歯の組織をぼろぼろにしてしまうことから、虫歯になりやすくなってしまうのです。

さらには、牛乳に入っている乳糖も虫歯の原因となります。

乳糖については、砂糖等と同じような糖質とされるものなので、糖質をエサとする虫歯の原因菌「ミュータント菌」を増加させてしまうのです。

乳歯のうちも油断は出来ないと言えますが、永久歯が生えてからは何より気をつけたいですね。
 

牛乳が体に悪い理由6:『白内障の原因』

 
牛乳に入る乳糖というのは「ガラクトース」というものに分解され、目に蓄積され、白内障の原因になってしまうこともあるのです。

日本人については、ガラクトースカラダの中で分解するために必要な酵素がほとんどないのです。

それにより、カラダの中に蓄積され続けたガラクトースは、カラダの中をさまよい、その結果落ち着くポジションが目と指摘されています。

因みに、白内障というと高齢者に多い病気とされる感覚ですが、現在では20代・30代においても、白内障が増加しているとのことです。

牛乳が影響を及ぼしているのでしょうか?

今、子供さんに近視も凄く増加傾向にあります。
 

牛乳が体に悪い理由7:『自閉症や発達障害の原因』

 
牛乳に含んでいる、カゼインと言われるタンパク質というのは、自閉症や発達障害等の原因となる物質を作る事が明らかです。

この物質については、カゾモルフィンと言われていて、別称「脳内麻薬」だとも言われています。

ノルウェーのオスロ―大学のカール・ライヘルト教授が行なった研究においては、自閉症や発達障害の患者の90%の尿から、カゾモルフィンが検出されたとのことです。

さらには、カゾモルフィン蓄積性が伴い、簡単に身体の中からなくならないとの事です。

要するに、牛乳を飲み続けた分だけ、自閉症や発達障害のリスクが増加するとのこと。

牛乳というのは、学校給食定番です。

学校給食というのは、とても罪深い事をしているのだという事が分かります。