健康豆知識

京都市西京区で腰痛なら…

京都市西京区で腰痛なら

京都市西京区内を車で走れば、整体院、接骨院、整骨院、マッサージと施術をするところがたくさんあります。

腰痛なので、整形外科に行くのですが、対処療法のみで、レントゲンを撮るのですが、異常なしで、とりあえず、痛み止めの薬を処方され、湿布を貼るという事で様子をみましょう。

そのような感じなのが一般的なのではないでしょうか。

整形外科は検査によって、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」等でも進行具合がかなり悪いもので、根治するには手術しかないという程だと、威力を発揮します。

ですが、手術するほどでもない程度だと、治療法が限定的になってしまいます。

結果として、対処療法である「痛み止め」「湿布」の処方や「マイクロ波」「低周波」などを当てるという、「保存療法」になってきます。

効果の程はご存知だと思いますが、ほとんどありません。

腰痛の原因は、ほとんどの場合、「骨盤の歪み」が原因の大半ですので、「骨盤矯正」をすることで、腰掛かる負担が回避する事ができます。

京都市西京区内には色々な施術院が存在しています。

その施術院に「骨盤矯正」をしているところが多いようですが、しっかり検査をして、腰痛の原因はどこの箇所の歪みが起因しているかを想定し、実質的に骨盤矯正ができるという施術院は少ないとの事です。

しっかり、矯正をして、実質的に矯正がちゃんとできているかどうかというのが、改善するための生命線になってきます。

本日は腰痛を改善するために必要な施術や骨盤矯正について紹介させて頂きます。
 

腰痛でこのようなお悩みはないでしょうか?

 

  • 座っていることができない
  • 子供の抱っこが苦になる
  • 腰が痛いのが当たり前みたいになっている
  • キッチン等でお料理する時、腰が痛む
  • 朝起きあがる時や、立ち上がる時、動作する時、腰が痛い
  • 寝ていようとも腰が痛い

1つでも該当する人はご安心下さい。

当院ならば、そのお悩みを改善する事ができます!
 

慢性腰痛の原因

 
慢性腰痛を発症させる原因は、骨盤背骨の歪みになります。

歪みにて、腰やお尻の筋肉が硬直して腰痛が発症します。

まずは、歪みをつくる原因を紹介させて頂きます。
 

同じ姿勢の継続や筋肉や骨に及ぶ負担

 
同じ姿勢の持続だけではなく、筋肉や骨格に及ぶ負担が元になる疲れの蓄積が体が歪んでいきます。

何より、想定しやすい原因ではないでしょうか。
 

内臓の疲れ

 
バランスの悪い食事疲れの蓄積がきっかけとなって、内臓にダメージをもたらすことによって、体を歪ませて内臓を守ろうという防御反応が機能します。

内臓疾患がきっかけとなって、発症する腰痛もあるのですが、内臓が病気というわけではありません。

不安な人は医師に相談してみることをお勧めします。

内臓にダメージをもたらすと、体が歪みます。

いまいち「内臓と歪み」認識が湧かない人もいるのではないでしょうか?

思い出してみて下さい。

あなたはお腹が痛い時、いつの間にか背中を丸めてお腹を緩めていないでしょうか?

体は分かっているのです。

いかにすれば楽になるかを。
 

ストレス

 
ストレス脳機能のトラブルを誘発して、結果的に、ストレス反応の形態で、体に変化があらわれ、腰痛の症状を発症させます。

腰痛だけに限らず、睡眠障害であったり疲労感、頭痛、下痢や便秘・吐き気等の胃腸の問題息苦しい動悸等の肉体的症状が現れることもあり得ます。
 

腰痛症

 
ほとんどの腰痛がこのタイプで、通常生活における、不良姿勢(猫背姿勢)や職種、スポーツ等のことが原因で、腰部の筋肉、靱帯、椎間関節に負荷がかかり腰痛になると考えられます。

前屈したり、ちょっとした動作で腰に、だるさや鈍痛が生じます。

レントゲン等の、画像診断だけでは、とりわけ異常がないことから、よく病院の診断においては「運動不足だから」「体が硬いから」と言われる事が多いです。

ですが、基本的には生活習慣が元となる、骨格や骨盤の歪みだけではなく、筋肉のアンバランスが原因で、痛みが生じるのです。
 

当院の整体療術と骨盤矯正。

 
脊柱に加えて骨盤を主体として、体のバランスを整え、腰痛を改善させようと考えています。

特に、骨盤周辺の筋肉の腸腰筋、大臀筋、腰方形筋、ハムストリング筋の調整が不可欠になります。

施術に入る前は「カウンセリング」しっかり行い、「身体の検査(骨盤等の歪みの検査)」を当院で定めている基準を元に施術法を組み立てていきます。

腰痛症は当院が定めた整体がすごく効果的ですので、腰痛で悩まれている方は、是非ともご来院下さい。
 

腰椎椎間板ヘルニア

 
重労働もしくは長期の不良姿勢(猫背姿勢)過度なスポーツが災いして、腰に負担が強いられ、骨と骨の間のクッションの役割となっている、椎間板の中身である髄核が外に突出して、神経根もしくは脊髄に刺激を与え、腰に痛みや足のしびれが起こる疾患になります。

20代~40代の人がほとんどで、腰椎の4番目と5番目の間の椎間板に出現率が高いようです。

前屈する動作朝起きた時運動スタート時に痛みがもたらされやすく、足の筋力が低下することもあり得ます。
 

当院の整体と骨盤矯正

 
椎間板ヘルニアと耳にすると「これは大変だ!」と思われますが、殆どの方が加齢と共に、それ相応に椎間板は変性することになります。

変性したとしても、全ての方に症状が生じるということではなく、症状が出たとしても、初期段階だったら、整体を行う事で、改善しますので、そこまで不安がることは必要ないです。

手術する状態というのは、よっぽど酷い椎間板ヘルニアなので、ほとんどの場合は、保存療法によって、良い結果を出します。

保存療法をすることにより、薬を使うことなく、自分の力で治す事ができるのです。

また、手術した人で、ほとんどの方が、再発して苦しみます。

ブロック注射も幾度となく、打たないと効きません。

もっと言うなら、効かないこともあり得ます。

痛い思いというのは、幾度となくしたいとは思いません。

手術したとしても、再発してしてしまうという事は、手術後の生活習慣の不良姿勢(猫背姿勢)が考えられます。

ほとんどの場合、椎間板ヘルニアを発症させる原因姿勢の問題なので、正しい姿勢は絶対必要です。

当院の整体は、まずは姿勢改善を目的に施術を行います。

脊柱骨盤を主として体のバランスを整え、股関節、膝関節、足関節の動き等も、万遍なく確かめ正しい姿勢が楽にできるよう施術を行います。

そして、突出した椎間板をダイレクトに施術することなく、患部付近からソフトに調整するので安心できると思います。

カウンセリングの際は、日頃の生活姿勢の注意事項等を伝授します。

椎間板ヘルニアというのは、姿勢改善が回復に向けての一番の近道になります。

椎間板ヘルニアで悩まれている方がいたら是非ともご来院下さい。

※両足のしびれ感が激しくて、足にほとんど力が入らない、上手く歩けない、排尿排便障害が ある人については、躊躇せずに病院で診察して下さい。

 

痛みの正体とは!?

 
医療機関でレントゲンもしくはMRI等の画像診断『骨や椎間板が押し潰されていますので痛みが出ている』と言われるようなことがあります。

ですが、はっきり言って、痛みやしびれとさほど関連性がありません。

人間、加齢と共におのずと、誰もが背骨や椎間板は押し潰されてきてしまいます。

そうだとしても、何の痛みを感じない人もいるはずです。

それでは、何が痛みがもたらされる原因かと言うと、骨や椎間板周辺の筋肉や靭帯等の問題になります。

それらが、緊張して痛みを生じさせているのです。

筋肉靭帯を抜かりなく整え体のバランスを修正すると年配の方だったとしても、徐々に症状が改善します。

いつまでも症状が改善しない人は、是非ともご来院下さい。
 

腰椎脊柱管狭窄症

 
中年以降の方に多い不具合で、腰椎の骨の中の脊柱管が狭くなってしまって、神経根あるいは脊髄の神経に刺激をあたえ痛みが発症します。

特に特徴のある症状については、間欠性跛行で、2~3分歩けば足に痛みないしはしびれ感が出て歩けなくなってしまいますが、腰掛けて(腰を曲げる姿勢)少しの間休憩すると症状が鎮静化し歩けるようになります。

ですが、しばらく経過すると再び症状が生じます。

坐骨神経痛のように腰を反る的な動作で症状が悪くなり、足の筋力が衰える傾向にあるといえます。

何故かと言えば、腰椎椎間板ヘルニア腰椎すべり症で生じた椎間板もしくは椎間関節の変形からシフトされてきた事が多いからです。
 

当院の整体療術と骨盤矯正。

 
脊柱管狭窄症については、椎間板ヘルニアと同じく、当院の整体療術が強みとしている不具合になります。

施術につきましては、脊柱や骨盤を主体として、体のバランスを整え、股関節、膝関節、足関節の動き等も細部に至るまで考察して整えます。

カウンセリングの際は、日頃の生活の姿勢の気をつける点等を教授します。

脊柱管狭窄症というのは、症状が悪くなると、歩くことがきつくなり生活に支障が出てきますので、できるだけ早く的を射た施術をすることが重要です。

しかもできる限り早く、施術をしなければ、回復する時間もその分だけ多く要されてしまいます。

脊柱管狭窄症でお悩みの方は是非とも当院へご来院下さい。
 

※両足のしびれ感が激しくて、足にほとんど力が入らない、上手く歩けない、排尿排便障害が ある人については、躊躇せずに病院で診察して下さい。

 

腰椎分離症

 
腰椎分離症については、骨が成長しきれていない年若き時代、腰に負担の掛かるきついスポーツが原因で、腰椎の椎骨(骨の一部)が分離してしまって、腰に痛みが発生する症状になります。

分離症というのは、腰椎が過前弯(お尻が後ろに出る)の人に多く、ほとんどのケースでは、腰椎の5番目の骨に起こります。

腰痛が主症状で、腰を後ろに反らせたり、長い時間に及ぶ立ち仕事で症状が悪くなると考えられます。

特別、足の筋力ダウンや痛み、しびれ感等の神経症状は殆どの場合現れません。
 

当院の整体療術と骨盤矯正。

 
分離症と聞けば「おぉ~っと厄介だ!」だと思われますが、生まれつき持たれている人もおりますし、症状もなく過ごしている人も多数いますため心配しなくて大丈夫です。

レントゲン等、画像診断の結論として、痛みがもたらされる原因だと思ったりしないでください。

分離症で症状がある人というのは、その周辺にある筋肉だったり、靭帯等の軟部組織の緊張から起こっていることが大半です。

施術については、一番初め、身体全体のバランスを整え、患部に悪影響を及ぼさないように致します。

そのうえで、局部的に患部周囲の緊張状態の筋肉や靭帯をソフトに整えます。

施術を重ねあわせると、だんだん体のバランスが整ってきますから、症状は軽減してくるはずです。

そして、日頃の生活で腰を反りすぎないように、姿勢に注意をすることが重要です。

何はともあれ10代のスポーツ選手については、施術すると早期回復が望めます。

腰椎分離症の腰痛で悩まれている人がいましたら是非ともご来院してください。
 

腰椎分離すべり症

 
腰椎分離すべり症というのは、腰椎分離症と共に発症して、分離した腰椎が下の骨よりも、前の方に滑ってしまう疾患になります。

腰椎が分離することから、脊柱が不安定になってしまい、更には成長期に起こりやすい、椎体の変形壮年期の椎間板の変性によることから、腰椎がすべってしまうのです。

症状については、体を後ろに反らした段階で腰痛が酷くなり、絶えず腰が重くだるいかのような痛みを感じてしまいます。

その他にも、足の痛みしびれの神経症状がもたらされる事が多く、すべりの程度が大きいと脊柱管狭窄症の主症状とされる、間欠性跛行となってしまうことだってあります。
 

当院の整体療術と骨盤矯正。

 
当院の施術は脊柱や骨盤に的を絞って、体のバランスを整え、股関節、膝関節、足関節の動き等も均一に確認して調整します。

カウンセリングにおいては、生活環境の姿勢の注意点等の指導させてもらいます。

腰椎分離すべり症というのは、症状が悪くなると、歩くことがきつくなり、生活に差しさわりが出てしまいますので、躊躇なく的確な施術をすることが不可欠となります。

またできる限り、早く施術をしなければ改善する時間もそれ相応に多く掛かってしまいます。

腰椎分離すべり症でお困りの方は、是非ともご来院下さい。

※分離のない腰椎変性すべり症もあります。

高齢者の女性に多く、脊柱管狭窄症の症状が発症します。

※両足が痺れて何ともしがたい、足に全然、力が入れられない、テキパキと歩けない、排尿排便障害がある方は躊躇せず病院で診察して下さい。

 

腰椎椎間関節症

 
腰椎の上下の関節を連結しております椎間関節が炎症が生じ、腰に痛みをもたらされる病状になります。

腰をうしろ側に反らす姿勢で、痛みが増加します。

あべこべに、前に曲げると痛みが楽になります。

腰痛だけじゃなく、お尻や股関節周辺に放散痛が生じることがあるのです。

要因は、先天性の奇形腰を反るというような不良姿勢の影響が考えられます。
 

当院の整体療術と骨盤矯正。

 
施術については、骨盤、脊柱を主体として体のバランスを整えて、体が反りすぎないように体の前と後ろの筋肉のバランスも想定しながら、自然に良い姿勢を保てるようにしていきます。

日頃の生活で、腰を反りすぎないように姿勢に気をつけることが重要となります。

椎間関節症というのは、整体目線からの判断基準である、関節面の問題ですから、施術効果は高く望めます。

椎間関節症で悩んでいらっしゃる方は是非ともご来院下さい。
 

座骨神経痛

 
坐骨神経痛とされる言葉を一回くらいは、聞かれた事があるのではないかと思われます。

坐骨神経痛というのは、お尻や太腿の裏、足にしびれ感等に出てくる神経症状という特徴があります。

症状の名前となっており、疾患名などでは断じてありません。

坐骨神経痛がもたらされる原因は、いろいろあります。

上記で述べた、腰の神経根が不具合の腰椎椎間板ヘルニア腰椎脊柱管狭窄症腰椎すべり症お尻の筋肉がトラブルの梨状筋症候群

他にも、足の痺れがもたらされる原因とは、膝に原因がある膝窩筋症候群、足首に原因がある足根管症候群、糖尿病や腫瘍等によることだってあります。

当院であれば、適切に検査で、坐骨神経痛や足のしびれがもたらされる原因を判断し、各々に応じた施術をしていきます。

坐骨神経痛で悩んでいらっしゃる方は是非ともご来院下さい。

※両足が痺れる方については、脳や脊髄の危険な影響を受けている可能性があるので、第一段階として病院で受診してみることをお薦めします。

慢性腰痛の根本改善をご要望としては、慢性腰痛の専門家であります、当院にてお任せ下さい。

 

これ以外の腰痛

 

内臓の問題

寝ているとしても、痛みが24時間変わることのない場合になると、内臓疾患かも知れません。

胃、腎臓疾患、婦人科疾患、腫瘍(癌)等、重篤な病気かも知れませんので、躊躇うことなく病院で診察してください。

 

精神面での問題

施術しても効果が全然なく、その都度、痛みのレベルや箇所が変わるような方というのは、精神面での要素が原因で、腰痛が発症しているかもしれません。

環境の変化辛い出来事仕事のプレッシャー人間関係の悩み等の影響を受けるケースがあります。

 

慢性腰痛の方は当院へ!!

 
体を歪ませる原因は、上記で述べたように、それぞれで、原因は1つではないかと思われます。

さまざまな原因が重なり合って、あなた自身の辛い慢性腰痛が発生しています。

腰痛が辛い、期間が長い人である程、問題については、複雑になります。

根本的原因を改善せず、痛い腰をマッサージするとか、湿布を貼っていたとしても治ることはありません。

ず~っと腰が痛いにも関わらず、湿布を貼って辛抱していたことから、挙句の果てに、ヘルニアになった方を施術するケースがあります。

対策を施せば、ならないですむ病気はいっぱいございます。

当院であれば、あなた自身の辛い慢性腰痛がもたらされる原因を明らかにし、その一つ一つを正常化する、体全体を調整するあなた自身の為に必要なオーダーメイド整体を提供させて頂きます。

施術後、腰が軽くなって、楽になるというのは当然ですが、根本的原因が改善することから、体全体の緊張が解け、心まで軽くなるはずです。

根本的原因が改善していることから、施術効果が長持ちします。

当院の慢性腰痛を改善するための施術を受けた患者様の95%以上の方が効果を実感して、セルフケアから定期的に来院されています。

当院の慢性腰痛のための施術の目指すところは、痛みを解消するだけじゃなく、あなた自身に腰痛がない日常を確保していただく事だと考えています。

実際、セルフケアから定期的に来院されている方は、コルセットをしなくとも良くなった、湿布を貼らなくても良くなった、腰の痛みがゼロになったとされる、嬉しい声をたくさん頂いています。

あなた自身の辛い慢性腰痛については、慢性腰痛を熟知している専門家である、当院にてお任せ下さい。

予約受付フォーム(初来院者さま専用)

電話: 075-394-8180