健康豆知識

整体 産後 京都に関する骨盤矯正は・・。

産後の骨盤矯正

どうして産後に骨盤矯正をする必要があるのか!?
出産後については、ホルモンのバランスが大きく変わり、肩こり腰痛偏頭痛恥骨等、骨盤の痛み便秘等のような症状が発症します。

ほとんどは、ホルモンの分泌をつかさどっている脳であったり、自律神経の問題になります。

ましてや共に産後の骨盤はアンバランスになっていて、すごく不安定になっているのです。

自律神経が乱れると、脳脊髄液の停滞してしまって、アンバランスになった骨盤は、なかなか元の状況には戻りません。

それだけでなく、妊娠、出産とされる人生でも、大イベントで疲れてしまっている内臓が下垂してしまい、骨盤に重くのしかかってしまいます。

出産により、歪んでしまった骨盤をそのままの状態にしておくと、歪んだ状態で固定されてしまって、より一層、体にいろいろな不調が現れてしまいます。

何にも増して、体型の変化は女性からすれば、気になる部分かと思います。

産後の骨盤の歪みは矯正する事が出来ますので、どこの施術院で産後の骨盤矯正を受けようかと迷っていらっしゃる方は、当院へお気軽にお問合せ下さい。
 

産後の骨盤矯正で悩みが解消!

 
産後の骨盤矯正で産後のこのような悩みが解消することができます!

  • 産後の開いた骨盤が戻らない
  • 産後の体重がなかなか落ちない
  • 体型が変わった
  • 産後に疲労が溜まりやすくなった
  • 産後、肩こり、背中、膝に不調が出た
  • 産後に腰痛がひどくなった
  • ウエストやお尻周りに脂肪がついた
  • 便秘やポッコリお腹で困っている
  • 尿漏れ・恥骨の痛み
  • 妊娠前のズボンが入らなくなった
  • 産後に左右の骨盤の高さが違うのが気になりだした
  • 産後に脚のむくみが酷くなった
  • 猫背が気になる
  • 産後、プロポーションが崩れた
  • お尻が大きくなった!下がった!
  • 疲れやすく、育児が辛い
  • 仕事に復帰するまでに、産前の体型に戻したい
  • 筋肉が落ちて代謝が悪くなった

 

産後骨盤矯正をするタイミング

 
産後の1~2ヶ月までは、体力も回復することがなく、骨盤はかなり不安定な状態になります。

その期間に、強い衝撃であったり、マッサージ等をする事は、有益ではないことから、自然分娩のママさんは2ヶ月後から、帝王切開のママさんは3ヶ月後からが産後の骨盤矯正をスタートする理想的なタイミングになります。

理想的なタイミング産後骨盤矯正を受けてもらう事で、格段に施術の効果が上がります。
 

来院するのに子連れでも大丈夫!?

 
産後の骨盤矯正をしてもらいたいけど、お子様連れだったとしても大丈夫?と躊躇しておられるママさんは多いのではないでしょうか。

当院へご来院させるお客様は、お子様連れはOK!です。

お子様用のお布団などを用意させて頂きますので、予約時のメールフォーム概要覧お子様連れで来院される旨をお知らせ下さい。

☎ (075)394-8180

予約時のメールフォーム 予約受付フォーム(初来院者さま専用)
 

産後の骨盤矯正はなぜ必要なのでしょうか?

 
産後は、赤ちゃんが通る産道を広げることから、100パーセント骨盤が開くことになります。

骨盤が広がる際に、周りにある筋肉だけではなく、骨盤が傷つけることだってあります。

骨盤の開きというのは、一定レベルまでは、自然の力で戻るのですが、出産前と同じ状態には戻らないため、腰痛だけではなく、お尻が膨れ上がってしまったり、あるいは、尿漏れ等の体験をしているママさんが多くいます。

産後にきちっと骨盤をケアしなければ、骨盤が歪んだ状態で固くなってしまって、体がアンバランスになることによって、腰痛、浮腫み、肩こりないしは冷え性等、いろいろな不調が発症します。

しかも、骨盤が広がっている状態だと、内臓が下がってしまうことから、代謝が悪くなって、便秘となったり、まったく体重が減らない等、痩せづらい体へと変わってしまう原因にもなってしまいます。

このような、産後の腰痛だけじゃなく、浮腫み等の体の不調で悩まないためには、早期の産後の骨盤矯正が重要になります。
 

なぜ、産後に骨盤が歪み・開きになるのか?

 
妊娠するとリラキシンとされるホルモンが分泌されることになります。

このリラキシンホルモンというのは、産道を確保することから、骨盤の靭帯を緩めて、骨盤を開きやすくする効果があります。

妊娠中に開いた骨盤については、産後3~4ヶ月ほど掛けて、ゆっくり元の位置に戻っていくというのが一般的になります。

ですが、妊娠期間中に筋力が減少したことから、骨盤は適正な位置に戻りづらくなることもあります。

さらには、常日頃から横座り足組みするなど、産後にあぐらをかいて授乳するなどすると体への負担が大きく、骨盤の歪みの原因になってしまうのです。
 

産後の骨盤の歪みを放っておくと・・・。

 
産後に、ものすごく歪んでしまって、歪んだまま放っておくと、産後の悩みは、いつまで経っても、改善しません。

疲れを取るかのようなマッサージ等をしてもらって、その時だけ体が楽になるものの、体の根源が歪んだ状態ですので、直ぐに不調が出てしまいます。

骨盤が歪んでいる影響は、腰痛股関節の痛みにとどまらず、首肩や脚部にも生じてしまうのです。

骨盤というのは、全身を支えるベースなので、身体全体を支える背骨については、骨盤の歪みによって、全身に影響を与え、産後に多い頭痛肩こり浮腫み等の症状も引き起こしてしまうのです。

さらに、そのような症状を長い期間にわたって放ったらかしにし、慢性化にしてしまいますと、女性に多い変形性膝関節症であったり、変形性股関節症等に直結するかも知れないのです。

しかも、出産後に骨盤が開いた状態だと、骨盤の関節が機能せずに周りの筋肉が本来の機能を果たす事ができなくなってしまいます。

そういうことから、お尻あるいはお腹・太もも脂肪が付きやすくなってしまって、出産前と比べるとプロポーションが悪く思える状態になってしまいます。

何はともあれこの先、長年にわたって、大変な育児をしていく身体になります。

お体の悩みを持つことによって、お子様との幸せな生活において、諦めるような事が起きないように、産後の骨盤矯正を受けてもらいますようオススメいたします。
 

だったらなぜ産後太りは起きるのか?

 
妊娠中については、そんなに運動する事ができない事から、筋肉が落ちて、基礎代謝が15~21%も下がるそうです。

それから出産で、骨盤が歪むのです。

要するに、産後のママさんは、痩せづらく、太りやすいというわけです。

ですが、歪みを整えて、筋力をつけて、代謝を上げると痩せ体質に変わります!!
 

なぜ、インナーマッスルを鍛えた方がいいのか?

 
産後は、筋肉がダウンして内臓も下がってしまい、下腹がポッコリしていきます。

中でも、代謝の80%をも担っているのです。

それから、インナーマッスルというのは、骨を支える筋肉とされていて、体を引き締めます。
 

インナーマッスルとは!?

からだの奥における深層筋。

体の中心部分に近い筋肉の総称になります。

深層筋というようにも言われていて、鍛えることから、姿勢が良くなったり、太りづらい体になります。

インナーマッスルは筋肉の部位ということではなく、深さを表しています。

体の中心に近い筋肉を「インナーマッスル」と言います。

体の奥深くにあることもあって「深層筋」とされる名前で言われる事もあります。

 

インナーマッスルを鍛えれば…

 

  • 腸が上がることにより、基礎代謝が上がって、痩せ体質になる!
  • 体の基盤である骨盤が安定して、猫背だけではなく、崩れたスタイルが綺麗になります!
  • そのうえで、痛みもしくは悩みの症状を改善させ、産前の体型であったり、ダイエット効果が得られて、5年後,10年後も体型を保持する事ができます。

 

産後矯正を受けるタイミング!

 
女性は妊娠すると、出産しやすいカラダとなるため、女性ホルモンであるリラキシンの影響によって、骨盤が緩みやすくなっています。

産後、カラダは産前の状態に戻ろうとするのですが、100パーセント戻る事は難しく、骨盤を緩めていた女性ホルモンであるリラキシンの分泌も、3~4ヵ月でなくなってしまうため、結果的に、骨盤は十分に元に戻らずにその状態で固定されてしまうのです。

産後も、太ももお腹の、でっぱりが気になり、痩せづらいというような人は、開いた骨盤の周辺に、過剰な脂肪がついている状態の可能性があります。

開いたまま、緩んでしまったの骨盤については、腰に大きな負担をかけます。

赤ちゃんのお世話でこれまでとは違う体勢に、腰痛肩こり、さらには、体のバランスが崩れることにより、内臓への負担が掛かり、血流が悪くなることから冷え性等、色々な不調にお悩みの人もおられます。

妊娠前からの腰痛が悪くなり、赤ちゃんを抱えることも辛いと一人で悩まれていた方は、是非、あだち整体院へご相談下さい。

それから、子育てで多忙を極め、痩せられないのはやむを得ないと断念していた方も、産後骨盤矯正を受けることにより、骨盤付近の筋肉が整えられることから、カラダ全体の代謝が高くなり、痩せやすい、疲れにくいカラダになるはずです。

あだち整体院では、産後2~3ヶ月から産後骨盤矯正の整体を受けてもらうことができます。

産後、できるだけ早く通って頂く事によって、骨盤の筋肉を緩める女性ホルモンであるリラキシンが、依然として分泌されているでしょうから、元に戻りやすく、産後矯正もスムーズですので、通院期間も短縮されます。

無論のこと、産後から、かなり時間が経過されてしまった方も、少しお時間は掛かりますが、産後矯正を行えます。

予約受付フォーム(初来院者さま専用)

☎ 075-394-8180
 

産後に多い悩み!

 
当院へ来院される「産後の骨盤矯正」を受けられる方のお悩みで最も多く代表的なものを紹介させて頂きます。
 

肩や腰が痛い・・・

 
腰の痛みだけに限らず、「尾骨が痛い」「股関節が痛い」等。

妊娠中の後ろの方へ反った姿勢(反り腰)、おむつ交換の際、 沐浴(もくよく)、授乳等の前屈みは、産後のアンバランスになった体のママからすればすごく重労働になります。

子育ても抱っこばっかりで重労働のはずです。

すべて筋肉の疲労が原因です。

生活の中におきまして、やれる事は、温めたりストレッチで筋肉の血行を良くして、悪くならないようにしてください。
 

骨盤が歪んだ・・・

 
出産頃には、骨盤の仙腸関節恥骨結合が開くことから、それが戻る時に捻れてしまうことがあります。

仰向きで寝られなかったり、寝返り、起き上がりで痛みが生じる、「恥骨が痛い」というような症状が発症します。
 

ズボンが入らなくなった・・・

 
お腹の中において、赤ちゃんをず~っと抱えた状態で、それを支えて続けた「骨盤底筋」が緩んでしまって、骨盤の横幅が広がってしまうのです。

子宮の収縮と同時に元に戻る人もいるのですが、ほとんどは「体型が変わった」と言われるのが一般的です。

産後6ケ月に至るまでに戻さなければ、戻りづらくなると言われることから、「骨盤ベルト」を使ったり、「骨盤引き締め体操」等の運動をして引き締めてください。
 

母乳の出が悪い・・・

 
肩の周辺には「腋下リンパ節」があって、肩こりこのリンパ節に悪い影響を与えてしまいます。

それから肩まわりであったり、胸まわりの「体液循環」に悪い影響を与えて、これが母乳の出方に影響するそうです。

強引に解すと乳腺炎になったりするため注意しましょう。
 

体重が産前に戻らない・・・・

 
産後いつまでも体重が減らない人も多いようです。

最大原因とされるものは、女性ホルモンの影響になります。

妊娠すると女性ホルモンが増加して、皮下脂肪がつきやすくなってくるのです。

ほとんどの場合、産後、戻ってくるのですが、妊娠中に体重が増えすぎると、完全に戻りづらくなるとのことです。
 

骨盤の開き(緩み)

 
骨盤が緩む事によって、筋力がダウンして代謝が落ちます

産後も体力が元に戻るまで運動不足になるとのことです。

程良い運動に努めるようにして下さい。
 

ストレス

 
夜泣きのみならず、授乳での寝不足、これ以外には、授乳中というのは、お腹が空くことから、食べ過ぎてしまいます。

子育てにおいてのストレスで、食べる事で、ストレス解消をしている人が多いと聞きます。

子育てには疲労とストレスは避けては通れないもの。

「休めば治る」と思っていたとしても子育てというのは、24時間年中無休です。
 

当院の産後の骨盤矯正とは?

 
当院の整体施術経験の年数としては、20年以上経過しています。

最近は、整体院、カイロプラクティック、整骨院、接骨院も含めて、「産後の骨盤矯正」をしているところが激増しています。

ですが、20年以上というのはそれだけ、「産後の骨盤矯正」において、経験人数が多いことや、実績が伴っているという事の裏返しでもあります。

特に当院の「産後の骨盤矯正」は、痛みは皆無なので、どうぞ、ご安心ください。

矯正の前に現在、あなた様の産後による歪みがどんな状態かを見極めるための、「検査」。

この検査はかなり重要です。

この検査、いわゆる見極める力眼がなければ、有益な「産後の骨盤矯正」をする事ができないのです。

そこの部分も正確に現状の歪みを等身大で検査させて頂きますので、お任せ下さい。

施術の流れをシンプルに説明すると、当院は「東洋系の整体」を屈指しつつ、「産後の骨盤矯正」を提供しているので、「カウンセリング」→「歪みの検査」→「ツボ療法中心の施術」→「産後の骨盤矯正」という順序で進めていきます。

施術、産後の骨盤矯正、共に痛いことは全くありませんので、安心下さい。

予約は出来ましたら、ネット予約がおススメです。

予約受付フォーム(初来院者さま専用)」のリンクからクリックして頂き、「必要事項」を記入の上、送信下さい。

電話での予約も受付していますので、ご利用下さい。

☎ 075-394-8180